焼却炉班の「A重油表彰」を行いました!

 先日、焼却炉班のメンバーに対する「A重油表彰」を行いました❗️

 

 焼却炉の稼動では、炉内温度を800度以上に保つことが法律で求められています。そのため、通常は焼却炉に投入する廃棄物のカロリーを考えながら安定的に炉内温度が800度以上に保つように運転するのですが、例えば水分が多く含まれている廃棄物を投入する等によって一時的に炉内温度が低下する恐れがあります。そうした場合には炉内温度計で温度低下を自動で感知し、A重油バーナーが稼動して炉内を温めるという仕組みになっています。

 

 ただ、安定的に炉内温度を保つことや、石油燃料をできるだけ使わない方がCO2削減につながるので環境的にはベターということもあり(石油燃料を使わない方がコスト的にも安くなります)、社内で「どうやったら安定的に焼却炉を稼動させ、バーナーを点火させないでも炉内を800度以上に保つことができるか?」という議題で話し合い、ノウハウをそれぞれ共有するように努めています。

 

 また、それだけではなく四半期(3ヶ月)毎にA重油使用量が少ない3名を表彰し、その努力を讃えるという活動も行なっています✨ 当社の運営方針は、悪いことを罰して改めさせるよりも、良いことを褒めて伸ばした方がいいという考えですので、今回の焼却炉班に限らず、様々な場面でこうした表彰を行うようにしています。

 

 今回は昨年10月〜12月の3ヶ月の結果に伴う表彰でした❗️1位が井東リーダー、2位が川上君、3位が目次主任でした。表彰された3名には本社終礼時に皆でお祝いし、それぞれ金一封が手渡されました。おめでとうございます❗️

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-25-17-26-20

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-25-17-29-55

 皆さん、授賞おめでとうございます!これからも頑張ってくださいね✨

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*


*