【重要】廃蛍光管の取扱いについて

 平成29年10月1日付けで廃棄物処理法の一部が改正され、新たに「水銀使用製品産業廃棄物」と「水銀含有ばいじん等」という定義が加わることとなりました。それに伴い、水銀を微量に含む蛍光管の取扱い方法が変更となります。

 

主な変更点は、次の通りです。

・水銀を含む可能性のある廃棄物を保管及び運搬する場合は、他の廃棄物と混合してはならない

・水銀を含む可能性のある廃棄物の処理を委託する場合は、委託する廃棄物の種類に「水銀使用製品産業業廃棄物」又は「水銀含有ばいじん等」が含まれなければならない。

・水銀を含む可能性のある廃棄物の処理を委託する場合は、マニフェストに「水銀使用製品産業廃棄物」又は「水銀含有ばいじん等」である旨を記載しなければならない。

 

10月1日以降の廃蛍光管の収集方法、弊社施設での受入基準については、添付の資料をご確認ください。弊社での廃蛍光管受入基準に合致しないもの、廃蛍光管以外の水銀廃棄物を排出される場合は、ご相談いただきますようよろしくお願い申し上げます。

 

【ご案内】蛍光灯の保管方法・運搬方法が変わります!

 

法改正の詳細につきましては、環境省のHPに掲載している案内資料をご参照ください。

https://www.env.go.jp/recycle/waste/mercury-disposal/H2906_setsumei_01.pdf