第26回地元自治会長様見学会を開催しました。

 今日は「第26回地元自治会長様見学会」を開催いたしました。日曜日のたいへんお忙しい中、多くの自治会長の皆様にご出席賜り、誠にありがとうございました。心より御礼申し上げます。

 

 また、松江市が今年の4月から中核市に移行したことにより廃棄物行政について一般廃棄物だけでなく産業廃棄物についても松江市が管理していくことになりました。その関係で、今まで自治会長様見学会には松江保健所様にご参加いただいていましたが、今回から松江市廃棄物対策課様にご参加いただくことになりました。お忙しい中、山田課長様はじめ廃棄物対策課の方々にご参加賜り、誠にありがとうございました。

 

 この地元見学会は、平成12年8月に竹矢地区自治協会様をはじめとする8団体様と「環境に関する協定」を締結させていただき、その協定書の内容に従って当時は年に2回、そして途中から年に1回実施させていただくようになりました。18年という長きにわたり各自治会様、松江保健所様はじめ関係各位の皆様方にお世話になりましたことを心より御礼申し上げます。

 

 地元自治会長様見学会は2部構成になっていまして、1部では弊社会議室でスライドを使いながらこの1年間の弊社の歩みについてご説明させていただいています。18年という年月のことを考えながらふと自分の周りを見渡しますと、パワーポイントの操作をしてくれている重森部長は平成11年4月入社、司会をしてくれている西村本部長は平成12年4月入社で二人とも第1回地元見学会からずっと参加しています。平成9年に入社した牧野常務もそうですね。分析担当の山本主任は平成14年4月入社。施設部で見学受け入れのために清掃等の指揮をとってくれている小田課長は平成13年入社。こういったメンバーが今までずっと私を支えてくれたお陰で、これまで様々な課題を乗り切ってこれたんだなと改めて感じました。社員の皆さんには本当に感謝しかありません!

 

 地元自治会様からなる8団体様と「環境に関する協定」を平成12年に締結させていただいた際は、弊社が新たに建設したダイオキシン類対策特別措置法に対応した当時最新の焼却施設の関係で地域の一部の方々から厳しい反対を受けていた時期です。平成12年は私もまだ32歳で、若いながらも行政対応ならびに地域対応の責任者として様々な経験を積ませていただきました。あの時の貴重な経験がなければ、今のアースサポートの発展はなかったと思っています。やはり組織も人も、厳しい環境に置かれることで真剣に困難と向き合い、それを克服することで成長するものだと実感しています。

 

 また、お陰さまでここ数年で弊社のイメージも改善されていると感じる機会があります。島根スサノオマジックのスポンサーになったり、更には運営会社である(株)山陰スポーツネットワークの社長に私が就任したり(H26.5月〜H29.8月)したことで知名度が上がったことも大きな理由だと感じています。本当にありがたいことですが、私たちは地方のいち産業廃棄物処理会社として地道な活動を続け、これからも地域に喜ばれ、地域に必要とされる企業になれるよう努力していかなければならないと考えています。

 

 今日は大変お忙しい中、「第26回地元自治会長様見学会」にご参加賜りました皆様に心より御礼申し上げます。誠にありがとうございました。そして、今後ともご指導ご鞭撻賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*

*