PCBブログを開設しました!

皆様こんにちは。アースサポート㈱の湊です。

この度、PCB使用製品の適正な処理に向けた様々な情報発信の場として「PCBブログ」を開設致しました。

PCB使用製品の処理期限が迫っている中で、弊社で行っているPCB関連サービスのご紹介やPCB使用製品の期限内適正処理に繋がる様々な情報を発信致します。

第1回目の今回は、そもそもPCB使用製品の基本的な情報と処理期限についてご紹介させて頂きます。

PCBとは「Poly Chlorinated Biphenyl(和名でポリ塩化ビフェニル)」の頭文字を取った名称で、水に溶けにくい、熱で分解しにくい、電気絶縁性が高い等の性質を持っており、様々な電気機器に使用されています。
しかし、1968年(昭和43年)にPCBが混入し健康被害を発生させたカネミ油症事件が発生した事をきっかけに、1972年(昭和47年)にPCB使用製品の製造が中止となり、法律によりPCB使用機器の処分が義務化されています。

 

PCB使用製品の代表的な物としては以下の3種類です。

 

①トランス(変圧器):工場やビル等の高圧受電設備で使用

②コンデンサ:工場やビル等の高圧受電設備で使用

③照明器具の安定器:工場やビルに加え、オフィスや学校等様々な施設で使用

 

特に「③照明器具の安定器」は蛍光灯や水銀灯等の照明器具に使われている為、PCB使用製品の製造が中止となった昭和47年以前に製造された物が未だに現役で使われている事例が多く見られます。

PCB使用機器が残っている可能性がある建物の判断基準としては、昭和52年(1977年)以前い建築・改築された建物です。

 

蛍光灯安定器

 

水銀灯安定器

 

PCB使用の照明器具安定器は地域毎で指定の処分場(JESCO:中間貯蔵・環境安全事業株式会社の各事業所)で処分を行う必要があり、処理期限が決まっています。

※詳しくは環境省の下記WEBサイトをご確認下さい。

http://pcb-soukishori.env.go.jp/

 

中国地方を含む西日本地域の処理期限は2021年3月末までとなっており、既に半年を切っています。

昭和52年3月以前に建築・改築された建物をお持ちの場合は、早急にPCB使用製品がのっていないか確認を行う必要がございます。

 

アースサポートではPCB使用製品が残ってないか調査を行う「照明器具全数調査」や、現在PCB使用製品を保管中の場合は処分場への処理手続きを支援させて頂く「搬入荷姿登録作業補助業務」等、様々なサービスをご提供しております。

また当社は日本PCB全量廃棄促進協会の加盟企業として、中国地方・関東地方を中心にPCB使用製品の調査業務を行っています。

 

一般社団法人 日本PCB全量廃棄促進協会(JPTA)のHP

https://www.pcb.or.jp/

 

次回ブログでは弊社のサービスについて詳しくご説明させて頂きます。
最後までお読み頂きありがとうございました。

 

アースサポート PCB関連サービスページ

PCB

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*

*