意東小学校様にて尾﨑(代表取締役社長)がしまね環境アドバイザー授業を行いました

島根県が実施している、子どもたちに向けた3R・適正処理学習支援事業の取組のひとつに、「しまね環境アドバイザー」による講演授業があります。
専門的な知識や豊富な経験を持った講師が、実際に学校等へ出向き、環境に関する授業を行うというものです。
 
9/29(火)、当社社長の尾崎が「しまね環境アドバイザー」として松江市立意東小学校様にて環境授業を行いました。
その様子について、島根県のHPに掲載されましたので是非以下のリンクよりご覧ください。
 
https://www.pref.shimane.lg.jp/infra/kankyo/kankyo/kyoiku_gakushu/katsudou200929.html