照明器具全数調査 【調査実施実績のご紹介】|PCB|

皆様こんにちは。アースサポート㈱の湊です。
12月に入り、西日本エリアのPCB使用安定器等高濃度PCB使用機器の処分期限である3月末に近づいてきました。
既に処理期限が終了したトランス・コンデンサ等の大型機器について、過去処理期限近くに処分依頼が殺到し、スムーズに処理が進まない事態もございましたので、古い建物をお持ちの場合でPCB使用機器の調査が必要な場合は早めに実施をご検討下さい。

 

PCB廃棄物処分に関する様々な情報発信の場として開設した「PCBブログ」 第6回目の今回は、当社で対応させて頂きました照明器具全数調査実績についてご紹介させて頂きます。

 

今まで当社では様々な業種の保管事業者様より調査のご依頼を頂き、照明器具全数調査を実施させて頂きました。
PCB廃棄物に関する調査事業は照明器具全数調査の他に、保管中のPCB使用安定器等の分別調査や処分場への搬入荷姿登録補助等の対応をさせて頂いておりますが、照明器具全数調査の実施実績(現時点)は以下の通りとなります。

 

調査実施施設数:40施設

調査機器台数(調査した照明器具の台数):3,337台

PCB使用機器発見率:約4%

調査実施地域:島根県、鳥取県、広島県、東京都、茨城県、千葉県 他

実施施設の種類:学校、倉庫、工場、ビル、銀行、公共施設 他

 

調査実施地域は山陰両県を含む中国地方の他に、関東方面の調査実績も多数ございます。
特に多くのPCB使用機器が発見される事が多い施設は古いビル(昭和40年代建築)で、320台の安定器を調査し、90台以上のPCB使用機器が発見された事例もございました(全体の30%がPCB使用安定器)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特殊な調査実施事例としては、体育館の天井水銀灯用安定器等の足場組みが必要な高所での調査、工場の天井裏に残された照明器具の調査、ガス保管施設等の防爆型照明器具の調査等、通常の建物についている照明器具とは異なる特殊な環境での調査実績も多数ございます。

  

 

 

 

 

 

 

アースサポートでは、業種や地域に関わらず全国で調査対応が可能です。

古い建物お持ちで過去PCB使用機器の調査履歴がない場合や、現在PCB使用機器を保管中で未だ処分手続きを行っていない場合は、一度ご相談頂ければと思います。

お見積りは無料で対応致しますので、お気軽にお問合せ下さい。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

 

島根県松江市八幡町882番地2

TEL085237-2890

FAX085237-2892

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*

*