インサイドセールス部門立ち上げに向けて

 今日は午後からインサイドセールス部門の立ち上げのためのキックオフミーティングを行いました✨ 今回インサイドセールス部門の立ち上げについてはタナベ経営様とコンサルティング契約を締結してご指導いただくことになりました。タナベ経営様、よろしくお願いいたします❗️

 

 昨年の4月から全国で発令された緊急事態宣言を受け、弊社のお客様の中でも宣言が解除されるまでの期間は来訪をお断りされる会社様が多くありました。確かに私たちも、新型コロナウイルスの感染防止の一環としてこの年末年始の挨拶回りの来社をお断りしていますので、社内の感染リスクを考えると当然の措置だと思います。

 

 しかし、お客様訪問ができないことで確実にご提案の機会が減るため、弊社としても新たな対応が必要だと考えてきました。実際に昨年訪問ができない時期には営業マンがお客様に電話をし、下見ができないので廃棄物の写真を撮って送っていただき、その写真を元に見積書を提出するということも行なっていました。そういった経験を積み重ねていく中で、「インサイドセールス部門をしっかり立ち上げることは今後のお客様サービス向上のためにも必要だ。」と考えるようになり、今回のプロジェクトの立ち上げに至りました✨

 

 具体的には今年の4月1日から営業部内にインサイドセールス部門の部署を作り、人員もそこに配属するというやり方を取ります。ただ、部署を作るだけでは”箱だけ作って中身がない”ということになってしまいますので、例えばインサイドセールス部門はどのフェーズからどのフェーズまでを受け持つのか、どうやってトークスクリプトを作るか?、MAツールは何を選択するか?等、いろいろ決めて準備をしていく必要があります。そういった点についてタナベ経営様にご指導いただきながら部署立ち上げを行うということになりました。

 より多くのお客様に弊社のサービスを提供させていただくためには、当然ながらお客様との接点を増やす必要があります。その最初の接点を担ってきたのが営業マンですが、急に「接点を増やそう!」と言っても新たな営業マンを雇用して教育して、というプロセスを進めるには時間とコストがかかります。インサイドセールスも時間がかかりはしますが、その分野も人員を増やしていくことでお客様との接点は確実に増えると考えています。

 

 新型コロナで大変なこんな時期でもやはり攻めのアクションは必要だと思っていまして、今回のインサイドセールス部門の立ち上げも私にとっては大事な”攻め”のひとつです。営業部の石橋課長を中心にインサイドセールス部門の立ち上げ準備を頑張ります💪

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*

*