松江クリーン株式会社との合併について

 弊社含む事業会社6社の持株会社でありますアカルタスホールディングス株式会社HPの新着情報にアップさせていただきましたように、本日3月1日付けで弊社アースサポート株式会社はグループ会社の松江クリーン株式会社を吸収合併し、アースサポートが存続会社として松江クリーンの事業のすべてを引き継ぎましたことをご報告いたします。

 

 この合併により、アースサポートは廃棄物処理事業のうち収集運搬・中間処理・安定型最終処分まで一貫処理体制を構築いたしました❗️ また、アースサポート、松江クリーン双方で行ってきた解体事業についても集約し、一元的な業務運営が可能になりました。今まで松江クリーンは主にBtoBのお客様、アースサポートは解体堂のようにBtoCのお客様を対象としていましたが、今後は両社の解体チームが合併してより幅広くサービス展開を行っていきたいと考えています。

 

 そして、松江クリーンが計画していた新たな最終処分場の開発についてアースサポートの資金力・人財力を全面的に活用することで、より円滑で安定的な開発が可能になります。この点は今後も地域の方々に真摯に向き合い、行政の方々とも協議を重ねながら慎重に進めていきたいと考えています。

 

 更には、それぞれの会社が独立して行っていた経理業務や廃棄物処理のための管理業務等を統合することにより、事務コストの削減についても大きな成果が得られると考えています。

 

 以上いろいろ書きましたが、両社の合併構想を立案した私としては、1+1が2で終わるのではなく3にも4にもなるよう更なる企業価値向上に努め、そして社員の皆さんや地域の皆様、両社に関わっていただいている多くの方々の幸せのために頑張って参ります😊 

 

 下の写真の右側は松江クリーン株式会社の牧野社長です。牧野社長は同志社大学商学部時代からの親友で、私がアースサポートに入社した翌年に入社してくれました。元々東京の大手リース会社で優秀な営業マンとしてバリバリ活躍していましたが、私が1年かけて環境ビジネスの夢を語り、パートナーとして力を貸してくれることになりました。その後アースサポートの常務取締役として辣腕を奮っていましたが、2018年12月にM&Aさせていただいた松江クリーンの社長に就任して同社の改革を進めました。営業力や事業の推進力は本当に素晴らしく、今後は親会社でありますアカルタスホールディングス株式会社の取締役に就任し、グループ全体の営業トップとして特にM&Aした会社の営業の指揮を執っていただく予定です。

 下の写真は松江クリーンの最終処分場です。アースサポートが存続会社になりましたので、産業廃棄物最終処分業の許可もアースサポートとして本日付で取得いたしました。処分場の名称は「松江クリーン最終処分場」とさせていただきました。この名前の方が地域の方々や古くからのお客様には親しみを感じていただけると思いますし、私としても松江クリーン株式会社のレガシーを残したいと考えていましたので、この名前にいたしました。

 今回の合併にともない、松江市様、地域の皆様はじめ多くの方々にご協力賜りましたことを改めて御礼申し上げます。誠にありがとうございました!

 

 私たちはエッセンシャルワーカーとしてこれからも地域の環境保全のために誠心誠意努めて参りますので、今後ともご指導賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

 これからも頑張ります💪

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*

*