産廃処理の総合専門誌「INDUST」に掲載されました

令和3年5月号の産廃処理の総合専門誌「INDUST」(全国産業資源循環連合会出版)に、当社社員が表紙を飾り、インタビュー記事が掲載されました。

インタビュー記事が掲載されたのは「さんぱい女子」という連載コーナーで、毎回、廃棄物業界で働く女性が紹介されています。

 

 

インタビューの内容(一部抜粋、全記事は添付PDFご参照)

 

-入社動機は。
従業員の方々の印象が良かったことが1番の決め手となりました。若い人も多く、明るく活気ある雰囲気に惹かれました。

-今回の新型コロナ禍を受けて感じられていることは。
ごみ収集の作業員に住民から感謝の気持ちが示されるなど話題になりましたが、このことは廃棄物処理事業を改めて知っていただくきっかけになり、業界の印象も変わったと思います。
業務面でもコロナ対策に努めています。新たなシステムを導入し徐々に運用し始めていましたので、コロナ禍でテレワークでも対応できる体制に順応できたと感じています。

-就職活動をする学生に一言お願いします。
新入社員に向けてはOJT制度や先輩社員と後輩社員1対1で行う1on1ミーティングなどもありますので、制度としてもコミュニケーションがしっかりとれるようにしています。

表紙

記事