年に1回の人間ドック

 年に1回の人間ドックを受診するために、東京の慶應義塾大学病院に来ています。昨年は新型コロナが心配だったので受診しなかったのですが、経営者として年に1回はしっかりドックを受診した方がいいと思い、今年はまた受けることにしました😊

 

 いつも受診しているのが「スーパーがん検診ドック」で、PET-CTも入っています(PET-CTは明日です)。また、脳MRI・MRAも受けています。今回初めて受けたのが「心臓・血管ドック」で、年齢的にも狭心症等を心配しないといけなくなる年頃かなと思い、追加してしっかり診ていただきました✨

 上記のリストの中で、いちばんありがたいのが「上部消化管内視鏡」、つまり胃カメラの際に鎮静剤(静脈麻酔)を使っていただけることです✨ 今まで他の病院で何回か通常の経口内視鏡や経鼻内視鏡を試してきましたが、自分には合わないというかすごくつらかったので(通常の経口内視鏡の際には少しパニックになりそうでした💦)、鎮静剤(静脈麻酔)に行き着いて本当によかったです😊

 

 全般的にスムーズに診察が終わり、昼食券をいただいて病院内のレストランで昼食を食べました。「ザ・パーク」という名前で、確か帝国ホテルが運営するレストランだと思います。カレーライスを食べましたが美味しかったです🍛

 また、目の前には新国立競技場が❗️こんな感じで一望できます✨ 東京オリンピックどうなりますかね。個人的には男子バスケットボールのオリンピック出場試合がどうしても見たいので、ぜひ開催してほしいと願っています。ただ、コロナ感染拡大のリスクもありますし、なかなか判断が難しいですね💦

 人間ドックは明日PET-CTを受診したら終了です。経営者としてこれからも健康を意識して頑張ります💪

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*

*