さんびる学童塾様にて環境教育を行いました

2021年7月30日(金)に、さんびる学童塾様にて環境教育を行いました。
夏休みの学習企画としてさんびる学童塾様よりご依頼をいただき、この度当社としては初めての学童塾での環境教育開催となりました。
当日は1年生から6年生まで83名と非常に多くの生徒の皆さんが参加されました。
 
今回の授業は、
・「ごみのゆくえ」(ごみの分別方法や分別されたごみの行き先についてスライドを用いて説明)
・「ごみの分別クイズ」(ごみのサンプルを使って実際にどう分別するのかの3択クイズ)
・「ごみ収集車の乗車体験」(実際に運転席に乗ってもらったり、収集車の仕組みについて学習)
の3つの内容を企画しました。
生徒の皆さんには、低学年・中学年・高学年の3つのグループに分かれていただき、グループ毎に会場を移動しながらそれぞれの授業を順番に学習していただきました。
 
スライド説明やクイズの際は「その分別マーク知ってるよ!」「ペットボトルのキャップとラベルはいつも剥がして出してるよ!」「ごみの分別マーク、家に帰ったら違うの探してみる!」と積極的に発言してくれたり、収集車の乗車体験も「早く乗りたい!」と皆さんとても意欲的に授業に参加してくれました。
生徒の皆さんにとって、今回の授業がごみの分別やリサイクルについて考えるきっかけになっていただけたら嬉しいです。
 
さんびる様には、生徒の皆さんの誘導にご協力いただいた他、外に日陰用のテントや水撒きのスプリンクラーを用意してくださったりと、夏場の暑い環境でも安全に授業を実施出来る環境を整えていただき、大変感謝しております。
 
 
また、今回実施した環境教育について、8月1日(日)の山陰中央新報に掲載されましたので、合わせてご紹介いたします。