法事

皆さんこんにちは。

総務・人事課の馬庭です。

 

 

先日、義理父の13回忌の法事があり、約2年ぶりに親戚での集まりがありました。

コロナ禍のため、少人数で少しさみしい法事でした。

 

 

幸いなことに、集まった全員が元気で、短時間のマスク会話でしたが、近況を語り合いました。

コロナ前は、法事と言えばお経・墓参りのあとの「直会」が夜まで続き、ちょっとした「宴会」でしたが、今回はありませんでした。

 

また、変わったことと言えば、オンライン法事を希望される檀家さんもいらっしゃると、ご住職がお話しされていました。

まだまだ終息の見えないコロナ禍の中で、新しい生活様式の一つとして様々な物事のオンライン化が注目されつつある昨今ですが、オンラインの法事とはかなり驚きました。

このコロナ禍で、法事もDX(デジタルトランスフォーメーション)化されはじめており、お寺も様々なニーズにお応えされなければならず大変な時代になったものだとも思いました。

 

コロナ禍のため、義理の母と兄弟のみという少しさみしい法事でしたが、無事に法要が終わり良かったと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*

*