おうち時間パート2

皆さまこんにちは!営業事務の園山です。

一昨年の11月におうち時間の過ごし方としてパン作りをご紹介しましたが、まだまだおうちで過ごす時間は続きそうですね…。

 

今回はおうち時間パート2をご紹介しようと思います。

私はゲームをすることが子どもの頃から好きで、実家には200本以上のソフトがあります。

いわゆる、ゲーム一家です。

その中でやっぱりこのシリーズはオススメしたい!と思うものをお話しようと思います。

 

私の好きなシリーズは、RPGからはドラゴンクエストと幻想水滸伝、シミュレーションからは牧場物語、アクションRPGからはゼルダの伝説です。

シリーズの中でも好きなものを写しました。

まずドラクエⅤ!こちらは本当に名作で、私は20回以上プレイしています。

シリーズ史上、主人公が1番災難な人生を歩む物語だと思います。

しかし、壮大なストーリーで涙無しでは終われません。親から子、子からその子どもへと世代を超えるRPGで、家族の絆も描かれた素晴らしいストーリーとなっています。

ドラクエは何より、すぎやまこういちさんが手がけた数々の名曲も引き込まれる魅力のひとつですね。

 

そして幻想水滸伝。こちらも傑作です。

仲間にできるキャラクターが108人と、とにかく仲間集めが大変なのですが一人一人に物語が存在し、各キャラクターの個性が丁寧に描かれています。

なんといっても、シナリオの素晴らしさです。

3人の幼なじみの少年少女が大切なものを守るために自分が信じた道を行く、こちらもとても泣けるものとなっています。

 

次に牧場物語。簡単に言うと牧場を経営するゲームです。

四季や時間の概念が存在し、作物や動物を育てたり、街の住人と交流したり、結婚し子どもができたりとほのぼのした生活を楽しみます。

 

最後にゼルダの伝説。

各シリーズ面白いものばかりですが、共通することはストーリーの中に謎解きが散りばめられているということです。

戦闘はコマンド式が好きなのですが、アクションRPGだからこその楽しみ方が詰まっていて、謎解きと世界観に引き込まれる素晴らしい作品です。

 

また番外編ですが、こちらのゲームに子どもの頃ハマってました。

懐かしいな〜といった方がいらっしゃると嬉しいです!

 

29年間生きてきて振り返ってみると、ゲームをしていたことが人生の糧になったと感じます。

例えば、何かに躓いたときまるでゲームを進めるときのように「何かヒントがあるはず」と一旦立ち止まって考えるようになったし、牧場物語で作物を育ててるおかけで野菜の旬が分かります(笑)

日々、意味のないことはしていないという精神で今後も楽しんでいけたらいいなと思います。

 

引き続き、感染対策が必要な世の中ですが、楽しみを見つけて明るく過ごしていきたいですね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*

*