様々な立場で

営業部新入社員の青戸です。8月に入り毎日暑い日が続いており、外回りでは汗だくになりながらがんばっています!先週末は松江市民レガッタが開催され、新入社員チームで参加しました。今週末は水郷祭も開催され、いよいよ夏本番だなぁと感じております。
さて、日常業務の方では営業同行させてもらいながら、実際にお客様と直に接する機会も増え営業マンとしての責任ややりがいを身近に感じさせてもらっています。
先日ある案件を最初から最後まで段取りさせて頂く機会がありました。その中で、自分が身に着けてきた知識をうまく使うことが出来ず、反省すべき点がたくさんありました。この経験を生かすためには?と考えた所、段取りを行う上で必要な項目をまとめることが重要と感じました。これにより、次の案件では何をすべきかが明確になり、段取りの流れを理解することで無駄な時間や労力を使わずスムーズな段取りが出来ます。また、自分の段取りに責任を持つことが大切だと感じました。お客様の立場を考えることは勿論ですが、作業に関わった社内の各部署に自分の段取りがどのように関わったのか後追いすることで、それぞれの立場で理解出来ます。これは、営業マンとしてのセンスや勘を磨く材料となるのではないかと考えます。
会社として各部署同じ方向に息を合わせて進むためにも、だれにとってもやりやすいユニバーサルな段取りを意識していきたいです。早くお客様に信頼して頂ける営業マンになれるよう、この夏がんばります!
16.5:350:263:0:0:004:none:0:0::0: