初心に返って

こんにちは。営業部の湊です。4月も終わりGWも明け、新年度の業務が本格的に動き出していく時期となりました。当社ではちょうどこの時期から、各新入社員が1ヶ月間の研修を終え、各部署に正式に配属されます。同時に各部署の先輩社員が各新人に1名ずつOJT担当としてつきます。私も営業部に配属された青戸君のOJTとして約半年間担当させていただく事になりました。社内の各ルールや営業活動の仕方はもちろん、社会人としての基本動作について時には優しく、時には厳しくアドバイスを行っていきたいと思います。
まだOJT研修を開始して間もないですが、各新入社員の仕事振りを見ていると、自分自身の新人時代を思い出します(写真は新入社員当時のものです)。電話対応一つにしても、最初は電話に出るのが怖くて仕方ありませんでした。間違った言葉遣いをしないだろうか、要件をきちんと伝えられるだろうか、お客様に不快な思いをさせて怒られないだろうかなど、不安要素満載な時期だと思います。新入社員時代の一番最初の電話では、不安な気持ちが影響し、かなり焦って電話応対を行い、お客様より「なんだその対応は!?新入社員か!?」と少々怒鳴られてしまいました。その後臆してしまい黙り込んでしまいましたが、最後にお客様より「新入社員なんだから元気を出していかなければ駄目だ!!頑張れよ!!」と励ましのお言葉を頂きました。電話を終えて最初は落ち込んでしまいましたが、その後今度は絶対にお客様に褒められる様な電話対応を行って見せるとやる気を奮い立たせる事が出来たのを覚えています。
新入社員時代は知識も乏しく、間違いも多いと思います。ミスを起こして叱られる事もあると思いますが、逆に新入社員だからこそ多少のミスは許されます(ミスをしないのが一番ですが)。また元気を出して仕事に取り組んでいく事も大切です。社会人1年目のフレッシュな気持ちで元気を出して仕事に取り組んでいく事でお客様にも良い印象を持っていただけます。良い第一印象を持っていただく事でその後も良い仕事のお付き合いをしていただけると思います。5年目の私も元気では負けていないと思いますが、新入社員だからこそより元気を持って仕事に取り組んでいってもらいたいです。
今月より本格的にOJT研修を行っていきますが、同時に自分自身の基本動作を見直す良い機会になると思っています。言葉使いや挨拶の仕方、服装や身の回りの整理整頓・・・普段何気なく取り組んでいるであろう基本動作について、意識的に振り返ってみると見直すべき点が出てくると思います。先輩社員として、新入社員のお手本となれる様この機会に初心に返って仕事に取り組んで参ります。
19.9:350:232:0:0:NONALNUM-MX4x-E:none:0:0::0: