インフラ整備

営業の土井です。4月に入り、当社にも新入社員が入社しました。会社全体に新しい風が吹き込んだような、さわやかな雰囲気を感じられます。この独特な雰囲気は4月でなければ味わうことができないですね。新入社員のみなさんにはいろいろなことへ積極的にチャレンジして、アースサポートで大きく成長していってほしいと思います。
さて、当社で新しいものと言えば、2か月前に納車された電気自動車です。基本的には営業車として使わせていただいており、私が運転をさせてもらっています。この電気自動車は、1回の充電(200Vで8時間)で最大200km程度走行することができます。非常に静かな駆動で走行中は全く音が出ず、また車からの排気がないため大気汚染の一因ともなる排気ガスや二酸化炭素の排出もなく、環境に対して非常にやさしい車です。とても魅力的な電気自動車ですが、現状では街中で走っている姿をほとんど見かけられません(地方と都市部ではまた違うのかも知れません)。一般的なガソリン車に比べて、まだまだ電気自動車のインフラが整備されていないため、普及にはもうしばらく時間がかかるのかもしれません。
・航続距離の延伸(バッテリーの改良)
・充電の短時間化
・充電スポットの増加
上記のようなことが今後しっかりと開発・整備されることが肝要だと思います。当社では廃棄物処理を事業の中心として活動していますが、それも重要なインフラの一つであるといえます。社会の基盤となることを事業として日々行っていくのは大変ですが、同時にやりがいのあることでもあります。これからもこの廃棄物処理を軸にしっかりと仕事を行い、お客様に安心で快適な環境を提供していきたいと思います。
17.4:350:263:0:0::none:0:0::0: