自己成長

こんにちは常務の牧野です。今週末、2人の息子が通う小学校の音楽発表会に出かけてきました。1年生から始まり6年生、そして最後に全学年での大合唱。全体司会を6年生が担当していましたが、大人顔負けに上手でした。本番に向けて何度も練習したんでしょうね。低学年から高学年と順々に鑑賞していると子供達の1年の成長過程が良くわかるものですね。午後のひと時でしたが、駆け足で成長する子供達の姿と笑顔に心温まる思いで会場を後にしました。
さて、我々大人も負けてはいられません。子供の成長は目に見えて分かるものですが、大人はどうでしょうか。子供達のように目に見える成長を実感することができているでしょうか。目先のことに追われ、目先のことに対処するうちに、ただ時間に追われる日々を過ごしていないだろうか。自分自身の夢・人生ビジョンを描き、それに向かって努力しているだろうか。
3月に42歳を迎える私ですが「頼もしいね、いつも輝いているね、若いね(笑)、アースさんは社内外ともに勢いがあるね」と言われるようになりたい。気力、知力、体力は何もしなければ衰えるが、逆も真なり。最後に私の好きな武田信玄の言葉を添えて終わりとします。「人は城、人は石垣、人は堀」。勝敗を決するのは堅固な城ではなく、人の力である。気力、知力、体力を土台として人生・仕事に臨むこととします。
14.3:197:350:0:0:201011200900001:none:0:0::0: