コミュニケーション

営業部の坂本です。仕事をする上では、社内・社外を含めて毎日多くの方と接する機会があります。特に私は営業マンですので社外の方と接する機会が多くありますね。そこで必須となるスキルが「コミュニケーション能力」です(スキルと言ったら大げさかもしれませんが・・・)。
コミュニケーションを円滑に取れることは、社会人にとって当たり前とされています。会社という組織で働くためには、コミュニケーションを全くとらずして仕事を上手くこなしていくことはできません。
では、なぜ日常的に社内・社外の方とコミュニケーションを取る必要があるのか???それは、簡単に言えば「自分の仕事を円滑に進め、自分が仕事のしやすい環境を自分自身でつくるため」ではないかと思います。事実、私も新入社員のころは、バタバタと自分自身にまわってきた仕事を全て一人で行ない、時間ばかりが経過してしまうなど、要領の悪い仕事をしていました。しかし、今は円滑なコミュニケーションが取れているため、自分がすべき仕事、他の社員に任せていい仕事が判断でき、効率良く時間を使えているのではないかと思います。
対お客様で考えて見ても同様です。お客様が何に対して困っておられるのか、不満に思っておられるのかを会話の中から感じとり、よりベターな提案が可能になったと思います。コミュニケーションは社会人だけに必要なスキルではなく、現在、就職活動されている学生の皆さんやこれから数年後に就職活動をし、社会人となる学生の方にも身につけてもらいたいことです。コミュニケーションはすぐに身につくものではありませんので、日々意識して多くの方とコミュニケーションが取れるように努力が必要だと思います。特に社会人になれば、幅広い年齢の方と対話する機会も増えますので、学生時代から幅広い方と話しておくことは、社会人になってから必ず生きるものになると思います。
10.7:350:262:0:0::none:0:0::0: