箱根の5区、峠でライバルを引き離せ!!

新年あけましておめでとうございます! 常務の牧野です。 新年は大雪による波乱の幕開けとなりましたが、除雪も進み、ようやく普段通りの日常に戻りつつあります。経済情勢は依然厳しく雪解けにははまだまだのようです。春が待ち遠しいですね。
さて、今年の営業部スローガンは昨年に引き続き「箱根の5区、峠でライバルを引き離せ!!」としています。不況期だからこそ、知恵を出せばライバルを引き離すことが出来るという意味を込めています。不況の影響で廃棄物の発生量は減少傾向にあり、ライバルとの受注競争はますます激化している状況です。
営業は古今東西、売上を上げてなんぼの世界。私が社会人になったのは1992年(平成4年)。平成不況の引き金となったバブル景気が終焉を迎えたころです。金融関係の仕事に就いていたこともあり、不良債権の後始末に追われながら、新規融資先を日夜開拓していたことを思い出します。当時、先輩から教えていただき、今も大事にしている言葉があります「現在は過去の結果であり未来の原因である」。不況期の今こそ、戦略を練り、未来の結果づくりをする絶好のチャンスですね。毎日、厳しい状況にも目を背けずに、果敢に戦ってくれている営業部メンバーに感謝、感謝!
20.2:350:197:0:0::none:0:0::0: