石川県 棚田の旅

こんにちは!経理の作野です。

 

ぽかぽかした春の陽気から、早くも少し暑さを感じるようになってきましたね。

急な気温の変化に体調を崩してはいないでしょうか?

 

今回は、昨年石川県へ旅行に出かけたときのことを書こうと思います。

素敵な金沢駅♪ ですが目的はもちろん棚田です!また!棚田です!

 

石川県輪島市には、棚田百選に選ばれている、白米千枚田という棚田があります。

輪島市。そうです、能登半島です。松江から車で10時間かけて到着しました!

海向きの棚田で、世界農業遺産にも認定されているそうです。

11月の日本海側の天気は少し雲が多く、松江の天気と似たところを感じました。

とても小さな田がいくつも見えます。素敵です★

10月~3月ごろまで、「あぜのきらめき」というライトアップイベントをしており、今回はそれを目当てに行きました。とりあえず、明るい時間の棚田を撮影し、車の中で日が暮れるまで待機・・・

雨が降ったりやんだりしている中、突如、目の前に虹が!

慌てて猛ダッシュしましたが、すぐに虹は薄くなってしまいました。

運よくこんな景色に出会え、本当に感動しました。

そして、お待ちかねのライトアップ!

田んぼのひとつひとつの形がよくわかるので、素晴らしい見ごたえです。

そのほか、兼六園、金沢城、金沢21世紀美術館など観光をして帰りました。

同じ日本海側、よそに来た気がしない感があり、とてもいいところでした。

またいつか、棚田に水を張った時期や、稲刈り前の時期など、今回とは違った景色を見てみたいなぁと思います!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*

*