バンダイナムコエンターテインメント様が島根スサノオマジックの経営権取得!

 昨日16時から行われた島根スサノオマジックの記者会見で、バンダイナムコエンターテインメント様が島根スサノオマジックの運営会社である株式会社山陰スポーツネットワークの56.5%の株式を取得し、経営権を獲得したという発表がありました✨ 私は当日自分の会社の取締役会が松江で開催されていましたので会場に行くことができませんでしたが、ニュースで状況を確認でき、すごく嬉しく思いました❗️また、SNS等をずっと確認していましたが、多くのブースターの皆さんが喜んでくれていて、更には今まで島根スサノオマジックにあまり興味がなかった層の方々にも関心を持っていただけたようですごく嬉しかったです😊

 

また、今朝の山陰中央新報にどう書いてあるかなと気になって早朝に起きて新聞を確認したところ、一面にドーンと出てました❗️ 

  この日を迎えることができ、本当に良かったと感じています✨ 正直なところホッとしました。

 

 島根スサノオマジックは地元ではすごく知名度も高く、県民球団として本当に多くの方々に愛されているクラブです。B.LEAGUE創設2年目にはB1に昇格し、残念ながら翌年にはB2に降格しまったのですがまた最短でB1再昇格を果たすという底力のあるクラブです。ただ、地方クラブとして大手企業による手厚いバックアップがあるわけではなく、小口のウィークリースポンサーやブースターの皆様からのサポート会員等、地域の企業や県民の方々のあたたかいご支援によって運営することができていました。運営スタッフも一生懸命頑張っており、小口の案件をひとつ一つ足で稼いでいてすごく努力しています。しかし、それでも財政的には非常に厳しく、特に神話第八章でB1を経験しましたが、あのレベルで戦うためには財務的な基盤をより強固にしなければ厳しいと痛感していました。やはり強いチームを作るにはお金がかかるということです。

 

 私自身も2014年5月から2017年9月までの3年間、島根スサノオマジックの社長として経営に携わった立場として責任を強く感じています。債務超過の基準がはじまった2018年6月期には、なんとしても債務超過を解消しなければならないと思い、当時まだ取締役会長でもあったので個人で1億円、会社も含めて1億7千万円の出資をし、他の株主にもお願いをして総額2億円の増資で債務超過を無事に解消できました。もしあの時に債務超過を解消できていなければ、今回せっかくB1にあがる権利を獲得できたとしてもクラブライセンスを取得できないという状況になっていました。それがどんなに辛く悔しいことなのかは想像に難くありません。

 

 2018年9月に私は取締役も退任し、株式は過半数を持つ大株主ではありましたが、9月以降は経営にまったくタッチしていません。中村社長率いる山陰スポーツネットワークは、クラブ・チーム・ブースターが一丸となって「最短B1復帰」を目指して頑張ってくれました。そして5月の熊本とのプレーオフではアウェーにも関わらず見事な2連勝でB1復帰を決めてくれました❗️私も多くのブースターの皆さんと一緒に熊本まで応援に行き、皆で歓喜の涙を流しました。本当に素晴らしい試合でした❗️

 

 そしていよいよ10月からB.LEAGUE2019-20シーズンがはじまります✨ 島根スサノオマジックにとっては2度目のB1の舞台です❗️昨日の発表のとおりこれからは日本を代表する企業であるバンダイナムコ様が経営権を取得したので、今までとは比較にならないくらい安心です✨ まずはクラブとしては2019-20シーズンはB1残留死守で頑張ってもらいたいと思っています。そしてB1のままで来シーズンからはB1トップを目指して長い道のりを頑張ってもらいたいです。

 

 「島根スサノオマジックがこれからさらに飛躍するためには大手のバックアップが必要だ!」と痛切に感じてから約1年。ようやくこの日を迎えることができ、私自身やっと肩の荷が降りた気持ちがしています。2014年5月に当時の大株主の方から要請を受けて山陰スポーツネットワークの社長に就任させていただき、愛する島根スサノオマジックをより良くしていきたいと思って今まで全力で頑張ってきました。その大きな責任というか、愛する島根スサノオマジックを担うというバトンを最高な方々にお渡しすることができ、本当に良かったです❗️このご縁に心から感謝しています✨ これからはスポンサーとして、そして熱いブースターとして島根スサノオマジックのこれからの活躍を応援していきたいと思っています。

 

 今回のプロジェクトに関わっていただきましたすべての方々に心より御礼申し上げます。誠にありがとうございました❗️

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*

*