第56回定時株主総会開催

 今日はグループ各社の株主総会ラッシュでした✨ アカルタスホールディングスアースサポート株式会社石尾産業株式会社株式会社片付け堂、松江クリーン株式会社という産業廃棄物収集運搬・中間処理・最終処分を手掛ける事業会社を傘下に置いています。各社の決算時期は9月末ということもあり、今日は島根県松江市に本社がある3社(株式会社片付け堂、松江クリーン株式会社、アースサポート株式会社)の定時株主総会を開催しました✨ 参加いただいた皆さん、お疲れさまでした❗️

 

 昨年の8月にグループの純粋持株会社であるアカルタスホールディングス株式会社を設立し、その後アースサポート株式会社を筆頭に各社を100%子会社化していく中で、私としていちばん重要視しているのはホールディングス体制によるガバナンスの強化です。事業ポートフォリオの観点から各社がそれぞれの特徴を生かし、自社の強みに特化して事業展開してもらうことが重要ですが、しかしホールディングスとしては「任せても放任はしない」、ということを徹底していかなければならないと考えています。具体的にいうと、アースサポートをはじめ各社の規定類をしっかり作り込み、取締役会規定に則って何を決議しなければならないかを定め、取締役会非設置会社であれば私が参加する経営会議・経営協議会において機関決定する内容を定めてホールディングスとして管理監督するということです。各社の強みを生かし、現場の判断でスピーディーに対応してもらいながらも重要な事項についてアカルタスHDがガバナンスを効かせていくということですね✨

 

 そういう考えもあり、今回の各社の株主総会についても様式を統一し、その中で各社の事業の経過はどうだったか、対処すべき課題は何か、BS・PLの結果はどうだったか等、分かりやすく説明してもらいました。総会資料についてはすべてアカルタスHDで内容を確認し、承認したものを各社で上程してもらいました。アースサポートの社長(私です)以外はすべて新任社長なので、株主総会の議長を務めるのは初めてでした。緊張もしたと思いますが皆しっかり頑張ってくれたと思います❗️

 

 また、アースサポートでは経営体制の大きな変化がありました。アースサポートは旧アース環境と旧山陰ビル管理が平成15年に合併して設立した会社ですが、山陰ビル管理時代から頑張っていただいていた私の母親がこの度取締役を退任いたしました。永きにわたりありがとうございました!

 

 また、同志社大学時代の私の親友で、私が平成8年にアメリカから帰国してアースサポートに入社した翌年に私のお願いに応えて入社して以来ずっと私を支えてくれていた牧野常務取締役が退任し、今年の1月から頑張っていただいている松江クリーンの社長業に集中していただくことになりました。これは、今回からアカルタスHD傘下の事業会社では取締役の各社兼任はしないという方向を定めたためで、今回のタイミングで各社で兼任していた取締役はすべて退任して一社のみに集中していただくことにしました。

 

 株主総会後の各社取締役との懇親会の際に牧野常務へ御礼の花束をお渡ししました💐 私は新卒で銀行に入行し、その後アメリカのビジネススクールを卒業してすぐにアースサポートに入社しました。私が生まれ育った鳥取県米子市の隣にある島根県松江市で、しかも廃棄物処理業というまったく異質な業態に飛び込んで悩んでいた当時、「同じベクトルで経営について話し合える仲間がほしい」と考えて親友の一人であった牧野君に1年かけてお願いし、当社に入社いただきました。その時彼が当社に来ることを決断してくれていなければ、今のアースサポートはありません。本当に感謝の気持ちでいっぱいですし、これからもアカルタスHDの社長同士として共に力を合わせて社業の発展のために頑張っていきたいと思っています😃

 また、アースサポートではもう一つ大きな経営体制の変化がありました。生え抜きの社員で当社の成長と共に育ってくれた管理本部長の西村君、営業本部長の土井君、CSR推進室長の重森さんが新任の取締役として選任されました✨ 当社は平成11年から本格的に新卒採用をしていますが、生え抜きのメンバーが取締役になるのは初めてです❗️ すごく嬉しいですし、さらなる活躍を規定しています✨

 

 今日の懇親会は、グループの創業者であります私の父親の尾崎取締役相談役、株式会社片付け堂の新進気鋭の若手社長であります坂本社長、松江クリーン株式会社の前畑専務取締役、そして既述のとおり牧野社長と3名の新任取締役を含め合計8名が参加し、楽しい時間を過ごしました✨

 今後この経営陣でそれぞれの会社を盛り上げ、グループ全体をさらに発展させていきます。頑張ります❗️

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*

*