LaQ(ラキュー)

お久しぶりです。財務・経理課の石原です!

暖かい日が続いていたかと思えばまた肌寒くなり…と体調管理が難しい時期ですね。

基本的に寒いのは苦手ですが、人より少し暑がりという、なんともまぁ、わがままな体質のおかげで着る服にも毎日困ってしまう今日この頃です…。

 

さて、約1年ぶりにブログの順番が回ってきました。毎回そうですが、これといったネタがありません。基本人混みが嫌いなので、引きこもり生活が続いています(笑)

今日は、小学生の息子と家で遊んだことを書こうと思います。うっすーい内容ですがお許しください(笑)

 

みなさんは、LaQ(ラキュー)をご存知ですか?

小さな7種類のパーツを組みあわせて、平面・立体・幾何学体とあらゆる形を作りだすことができる、日本生まれのパズルブロックです。

息子がかれこれ2年ぐらい前からこれにはまっていて、ことあるごとに、「ラキューしようよ!」と誘ってきます。

我が家ではニンテンドースイッチなどのゲーム機もありますが、私や主人との約束を破ったり、言うことを聞かないことがあると度々ゲーム禁止令が発令されます(^^;)

ゲーム禁止になるとラキューで遊んでいます。

最初はほんの少し…のつもりで作り始めるのですが、いつの間にか本気モードに。

ついつい時間を忘れてやってしまいます(笑)

 

息子と作成した作品を一部ご紹介します!

これは2人がかりで30分ほどかかりました。

家にあるパーツに限りがあるので、作成しては壊し、また作成するという感じでやっています。

パーツを組み合わせるときの「パチン、パチン」という音が気持ちいいです(^^♪

パーツが小さいので、赤ちゃんがいる家庭には不向きかもしれませんが、気が向いたらぜひ挑戦してみてください♪

インターネットで検索すると作り方の例がたくさん出てきますよ。

 

それでは、また。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*

*