~ たくさんの感謝の気持ちを込めて ~

皆様こんにちは~、管理部の下松です。

最近、自家用車を約20年ぶりに買い替えましたので、これまでずっと使用していた❝愛車❞に対し感謝の気持ちを込めて、ブログを書きたいと思ます。

まずは❝愛車❞の説明から行いたいと思います。 

私は大学を卒業して社会人1年目の時に、トヨタの『アルテッツァ』という車を購入しました。(写真参照)

この車は、当時のトヨタが“世界戦略車(ワールドカー(World car )/グローバルカー(Global Car ))”の位置づけで開発した車で、今では高級車として知られる『レクサスの国外エントリーモデルとして、ISシリーズの初代モデル』となった車です。

私は昔から相当な❝こだわり派❞で、何か商品(物)を買う時は、色々な視点から十分時間を使って検証し、一定水準以上の合格点に達しない場合は買わないタイプでした。例えば車の場合、“色”や“形状”、“エンジン性能” 、“ライトの形” 、“ホイールのデザイン”、 “ステアリングの大きさ” 、“エンブレムの位置”等々ディテイルまで気に入らなければ、決して購入する事はありません。一方で、それらの項目をクリアしさえすれば、即購入します。この時のアルテッツァも、色々と調査した結果、自分の理想に近いものだったので新車ですぐに購入しました。

 そんな『アルテッツァ』とも、いよいよお別れの時がきました。購入してから20年以上で総走行距離も20万Km以上になっていました。本当に大好きな車だったので、大事にしながら定期的にメンテナンスや修理を行い、特に大きな故障もなく、良い状態で乗り続けられたと思います。

少し恥ずかしいのですが、愛車に対し下記言葉を添えてお別れしたいと思います。

『20年以上のも間、私や家族を色々な所に連れて行ってくれて本当にありがとう。楽しい思い出が一杯あり、それを思い出すと心が温まります。そしてこれからも❝アルテッツァは永久に不滅です。❞』

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*

*