AEDの設置と講習会を実施しました

当社が取扱う産業廃棄物は、さまざまな性質・形状をしており、これを処理する廃棄物処理施設を安全に運転するためには、日常の運転管理及び保守だけでなく、事故や災害発生時の対応についても、あらかじめ準備しておく必要があります。
このたび、会社の場内2か所、事務所に1か所AEDを設置し、セコム山陰様にAEDの使用方法について、社員が講習会を受けました。模型の人形を使用し、発見から胸骨圧迫(心臓マッサージ)とAEDのパッドを貼り付けなど、一連の作業を体験しました。

当社は工業団地に立地しており、車両の往来も多く様々な工場が密集しています。当社内の事故だけでなく、近隣で発生した事故にも利用していただけるよう、掲示も行っています。