電池・バッテリー

各種バッテリー類・電池類分別徹底のお願い

近年リチウム電池等各種バッテリー類・電池類の中間処理作業中の発火事故が増えており、弊社におきましても同様な事故が発生しないよう十分注意を払い作業を行っております。

そこで、各排出事業者様におかれましても、分別の徹底をお願いしたくご連絡させて頂きました。

つきましては、上記事故の発生を未然に防ぐため、ゴミ袋の中に各種バッテリー類・電池類とその他の廃棄物を混ぜて入れないようご協力をお願い致します。機械内部に入っている場合も事前に抜き取って頂くようお願いします。

なお、これら廃棄物の処分をご希望の際は、別の袋に分けていただき、下記連絡先まで事前に排出する旨のご連絡をお願い致します。

また、種類不明な電池類・バッテリー類は受入不可となりますので、一緒に袋に入れないようお願い致します。

 

何卒ご理解、ご協力を賜ります様よろしくお願い申し上げます。

 

乾電池・ボタン電池

(マンガン電池・アルカリマンガン電池・二酸化マンガンリチウム一次電池等)

ニッケル水素電池

(Ni-MH・ニッケルカドミウム蓄電池・密閉形ニッケル水素蓄電池と表示される場合もあります)

ニカド電池

(Ni-Cd・ニッケルカドミウム蓄電池・密閉形Ni-Cd と表示される場合もあります)

リチウムイオン電池

(Li-ion・Li-イオン・リチムイオン・リチウム蓄電池と表示される場合もあります)

その他不明電池類・バッテリー類

※これらは受入不可となります。

 

電池類分別及び絶縁処置徹底のお願い

弊社より「各種バッテリー類・電池類の分別徹底」についてのお願い文書をお送りいたしました。

それに関連して、使用済みのボタン電池が発火し火災が発生した、といった事例も出てきております。

弊社でも電池類の回収等をさせていただいており、同様の事故が発生しないよう十分注意を払い作業を行っておりますが、各排出事業者様におかれましても、電池を排出される際の絶縁処置にご協力をお願いいたします。

廃棄の際は、電池チェッカーなどで残量を確認いただき、完全に使い切っていただくようお願いいたします。

また、電池には、プラスとマイナスの電極部分に、セロハンテープやビニールテープなどを貼って絶縁処置を行った上で、別の袋に分けていただくようお願いいたします。

絶縁処置がされていないと、取り残させていただくか、返却をさせていただく場合があります。

何卒ご理解、ご協力を賜ります様よろしくお願い申し上げます。

 

【絶縁処置の例】