廃プラスチックリサイクル

material

プラスチックリサイクル(マテリアル・サーマル)の推進

廃プラスチックの海洋流出による環境汚染問題等を受け、プラスチック資源循環促進法が施行され(2022年4月1日施行) 、排出事業者としてプラスチック使用製品産業廃棄物等の排出の抑制及び再資源化等を実施すること事が求められています。
アースサポートでは、廃プラスチックリサイクルを進めるため、マテリアルリサイクルのための破砕・洗浄施設、サーマルリサイクルのためのRPF(固形燃料)製造施設を導入し、廃プラスチックのリサイクル推進を行っております。
その他にもアクリルパネル、プラスチックパレット等のリサイクルについても取り扱い可能となっております。

こんなことでお悩みではありませんか?

こんなことでお悩みではありませんか?
  • SDGsの達成に向けて廃プラスチックのマテリアルリサイクルを進めていきたい。
  • 廃棄物処分に係る費用をなるべく抑えたい。
  • 社内のリサイクル対策が頭打ちで、新たなリサイクル案が浮かばない。

アースサポート なら!

  • 多種多様な廃プラスチックのマテリアルリサイクルを実現可能
  • マテリアルリサイクル及びサーマルリサイクルが可能なため、リサイクル率の向上と合わせてコスト削減も可能
  • リサイクル専門業者であるため、お客様のお困りごとに沿った最適な提案が可能

私たちが選ばれる理由

REASON

01

ワンストップサービス

REASON

02

手厚い
カスタマーサポート

REASON

03

法律遵守の徹底

REASON

04

地元に根ざして
半世紀以上

REASON

05

しまね地球温暖化防止
活動大賞を受賞

対象廃棄物

PE(ポリエチレン)
ABS樹脂
PS(ポリスチレン)
PC(ポリカーボネイト)
PA(ポリアミド)
アクリルパネル
プラスチックパレット
ペットボトル

当てはまる業種

製造業

製造業

卸売・小売業

卸売・小売業

同業(廃棄物処理業)

同業(廃棄物処理業)

建設業

建設業

対応可能エリア

中国地方(島根県、鳥取県、広島県、岡山県、山口県)全域

主な処理施設

プラスチック破砕・洗浄施設(マテリアルリサイクルプラント)

令和6年4月に廃プラスチックの破砕・洗浄施設を設置しました。
当社の施設では、搬入された廃プラスチック類は種類ごとに破砕・洗浄を行います。その後、破砕・洗浄されたプラスチックは主に弊社グループ会社の美濃化学スカイコーポレーション株式会社にてペレット(プラスチック原料)化し、最終的には新たなプラスチック製品へと生まれ変わります。
また、プラスチックの種類は100種類近くあると言われており、多種多様な廃プラスチックのマテリアルリサイクルを進めるため、グループ会社だけでなく協力会社様との連携を強化することで、対応可能なプラスチックを増やしております。
処理能力 448/時間
稼働時間 8時間
処理品目 廃プラスチック類

RPF(廃棄物固形燃料)プラント

RPF は Refuse Paper & Plastics Fuel の略で、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くずを破砕・混合し、圧縮成形したものです。RPF は石炭と同じくらいのエネルギーを持ちながら廃棄物を利用した環境にやさしい燃料として注目を集めています。当社で製造した RPF は、米子の王子製紙㈱米子工場様等へ納品しボイラーの燃料として利用されております。 産業廃棄物の中で多く排出される廃プラスチック類は、今まで焼却処分や埋立処分されてきましたが、RPFという固形燃料に加工することで、新たな資源として再利用でき、ゼロエミッションへ向けて大きく貢献することとなりました。
処理能力 72t/日
稼働時間 24時間
処理品目 廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず

サービスの流れ

STEP 01

お問い合わせ

お電話またはフォームよりお問い合わせください。営業担当よりご連絡致します。

STEP 02

ヒアリング〜お見積り

電話・メール・訪問など、お客様のご都合に合わせて、ご用件をヒアリングさせていただき、御見積書をご提出致します。

STEP 03

ご契約

ご提案内容にご同意いただければご契約いただきます。

STEP 04

作業開始

契約の締結後、担当者が発送開始致します。