RPF(廃棄物固形燃料)プラント

RPFはRefuse Paper & Plastics Fuel の略で、プラスチック、紙くず、木くずを破砕・混合し、圧縮成形したものです。RPFは石炭と同じくらいのエネルギーを持ちながら廃棄物を利用した環境にやさしい燃料として注目を集めています。当社で製造したRPFは、米子の王子製紙㈱米子工場様等へ納品しボイラーの燃料として利用されております。

産業廃棄物の中で多く排出される廃プラスチック類は、今まで焼却処分や埋立処分されてきましたが、RPFという固形燃料に加工することで、新たな資源として再利用でき、ゼロエミッションへ向けて大きく貢献することとなりました。

 

 

RPF(廃棄物固形燃料)プラント

 

処理能力: 72t / 日
稼働時間: 24時間
処理品目: 廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず
  • 作業のご依頼
  • お問い合わせ
  • アースサポート社長ブログ
  • アースサポート社員ブログ